3歳児のできること

■ 公園の遊具を自由に楽しむことが出来る
■ 長い距離の歩行が出来るようになる。
■ 速く走ったり、スキップが出来るようになる。
■ リズムに合わせて楽しく身体を動かす事が出来るようになる。
■ 文字や数字にも興味が持てるようになる。
■ 片足で少しの間立つことが出来るようになる。
■ 三輪車をのることが出来るようになる。
■ ボタンをかけることが出来るようになる。
■ はさみを使って紙を切る事ができる。
■ 長い・短いがわかるようになる。
■ 正方形・三角形・円などの弁別が出来るようになる。
■ 集団で遊ぶことができるようになる。
■ 順番がわかるようになる。
■ 自分で着替えが出来るようになる。
■ 自分でトイレに行くことが出来るようになる。
  (オムツが取れない場合もあまり焦らないことが大切)

3歳になると、今まで出来なかった事が、ほとんどひとりで出来るようになります。と言っても、まだまだ甘えたい年齢(3歳)ですので、一人で出来た時はう〜んと褒めてあげて、甘えてきた時には、甘えさせてあげることが大切です。

3歳頃の子供には、「自分でやりなさい!」 「どうして一人でできないの!」 などと叱らずに
、「こんなふうにするともっと上手に出来るよ!」 「こんなふうにしてみたらどうかな?」 と自尊心を傷つけないように、手伝ってあげましょう。3歳と言えば、もうすぐ幼稚園です。一日中一緒にいるのも、もう少しで終りです。この3歳という時期は二度と戻ってきません。お子様とたっぷりコミュニケーションを取って、楽しんでください。

幼児教育.com このページの上へ


幼児教育.com このページの上へ

右脳教育

幼児教育では、右脳教育が大切だとよく言われますが、右脳教育とはいったい何なのでしょうか。 
右脳教育とは、感覚を媒体とし、直感で考え、瞬間で記憶し、高速で物事を処理する事が出来る能力を開発することです。
幼児の脳は、3歳までに大人の80%にまで成長するといわれています。3歳までは、ことばで物事を理解し、理論的に物事を処理するにはかなりの無理があります。
しかし イメージや瞬間記憶・直感・ひらめきなどの感覚は大人以上です。
幼ければ幼いほど、イメージや感覚・ひらめきが鋭く、直感で行動することが出来ます。ですから、この黄金期にイメージや瞬間記憶・直感・ひらめきなどの感覚的な能力をトレーニングによって開発しようというのが右脳教育です。
たいていの人は、左脳中心の学習を繰り返し、じっくりと論理的に理論的に、ことばで物事を考え、順序立てて物事を処理します。
この方法ではいつまでたっても右脳を開発することは出来ません。
右脳の開発をするには、フラッシュカードなどの学習をただひたすらに高速で繰り返す基礎訓練が必要だといわれています。
スポーツ選手などは、スポーツの基礎トレーニングをひたすら繰り返すことにより、無意識層の中で、素晴らしいプレーが出来るようになるそうです。それと同じようにフラッシュカードなどの学習をただひたすら高速で繰り返すことによって、脳の働きが変わり、右脳を開発することが出来るといわれています。

幼児教育.com このページの上へ