幼児教育.com モバイル
幼児教育.com モバイル

▼幼児教育基本知識掲載サイト▼


幼児教育に関する情報をお届けします。

右脳教育

幼児教育では、右脳教育が大切だとよく言われますが、右脳教育とはいったい何なのでしょうか。 
右脳教育とは、感覚を媒体とし、直感で考え、瞬間で記憶し、高速で物事を処理する事が出来る能力を開発することです。
幼児の脳は、3歳までに大人の80%にまで成長するといわれています。3歳までは、ことばで物事を理解し、理論的に物事を処理するにはかなりの無理があります。
しかし イメージや瞬間記憶・直感・ひらめきなどの感覚は大人以上です。
幼ければ幼いほど、イメージや感覚・ひらめきが鋭く、直感で行動することが出来ます。ですから、この黄金期にイメージや瞬間記憶・直感・ひらめきなどの感覚的な能力をトレーニングによって開発しようというのが右脳教育です。
たいていの人は、左脳中心の学習を繰り返し、じっくりと論理的に理論的に、ことばで物事を考え、順序立てて物事を処理します。
この方法ではいつまでたっても右脳を開発することは出来ません。
右脳の開発をするには、フラッシュカードなどの学習をただひたすらに高速で繰り返す基礎訓練が必要だといわれています。
スポーツ選手などは、スポーツの基礎トレーニングをひたすら繰り返すことにより、無意識層の中で、素晴らしいプレーが出来るようになるそうです。それと同じようにフラッシュカードなどの学習をただひたすら高速で繰り返すことによって、脳の働きが変わり、右脳を開発することが出来るといわれています。

幼児教育.com モバイルへ戻る▲

Copy right(C)
幼児教育.com モバイル
All Rights Reserved.