幼児教育.com モバイル
幼児教育.com モバイル

▼幼児教育基本知識掲載サイト▼


幼児教育に関する情報をお届けします。

幼児と英語

日本語社会の中で、幼児に英語を学ばせようとするならば、先ずは、臨界期が来る前に英語耳を作る事です。
臨界期とは、脳の中にある覚える力や感じる力の神経回路が、ある刺激を受け、その影響で集中的に作られる時期を言います。
この臨界期は一生に一度だけしかなく、後にどれだけ訓練を重ねてもその回路を作る事は出来ないと言われています。
だいたい6歳くらいまでに臨界期が来てしまうといわれていますが、3歳までの脳の成長(3歳までに大人の脳の80%が出来上がる)を考えると、生後間もなく英語を聞かせる必要がありそうです。
しかし、生後間もない赤ちゃんの耳は大人とは異なり繊細なので、お母さんが優しく話しかけるような、赤ちゃんにストレスにならない程度の音で英語を聞かせる必要があります。英語の周波数は2000ヘルツ〜1万2000ヘルツですが、日本語の周波数は125ヘルツ〜1500ヘルツと、極端に異なるので、英語のLやRの発音は、日本人にとって非常に聞き取りにくいわけです。
英語耳の臨界期が来る前に英語耳の神経回路を作ることが出来れば、大人になっても何の苦労もなく英語を聞き取ることが出来るのです。
すぐれた絵本を読み聞かせするのと同じように、すぐれた、質のいい英語を聞かせる必要があります。
イギリスの『マザーグースの歌』などは、日本のわらべ歌と同じように、子供が遊びながら歌う、伝承童謡です。
お子様と一緒に手遊びなどをしながら、遊んでみるのもいいですね。

幼児教育.com モバイルへ戻る▲

Copy right(C)
幼児教育.com モバイル
All Rights Reserved.