幼児教育.com モバイル
幼児教育.com モバイル

▼幼児教育基本知識掲載サイト▼


幼児教育に関する情報をお届けします。

幼児期のしつけ

躾とは、「社会生活をするうえで、相手に対して失礼にならない作法が身につくように、人をしこむこと。」 ですが、親の規範で子供を叱ったり強制するのではなく、「○○しようね」「○○すると、どうかな・・・」と子供の自立を促すものでなくてはなりません。
叱ることは、幼児が自分がしてはいけないこと、又はしてもいいことを幼児自身が知り、自分で判断し、正しい行動が取れるように導いてあげるものです。ですから、叩いたり、つねったりして叱るのは、問題外です。躾には、体罰が当たり前と思っている人もいるようですが、体罰は、頭の働きや心の成長までも悪くしてしまいますので、絶対にやめましょう。「言ってもわからないから、叩かないとわからない。」 と言う人もいますが、体罰を受けることで、他の子に暴力を振るうようになりかねません。
その時、親は、「人に暴力を振ってはいけません!」 と言いながら自分の子を叩くのでしょうか? 体罰は絶対にやめましょう。子供は、親の毅然とした態度で叱られている事がわかります。

■ 目を見て毅然とした態度で、叱る。
■ 大人一人で叱る。(複数の大人で叱らない)
■ くどくどと同じ事を繰り返して、いつまでも叱らない。
■ ヒステリックに大声で叱らない。
■ 大人の気分で、叱る事をころころ変えない・・・一貫性が必要
(同じことをして、昨日は叱ったけれど今日は許すなどという事はよくない。)

また、子供が良いことをした時やがんばった時には、しっかりと褒めてあげるのも躾のひとつではないでしょうか。

幼児教育.com モバイルへ戻る▲

Copy right(C)
幼児教育.com モバイル
All Rights Reserved.