幼児教育.com モバイル
幼児教育.com モバイル

▼幼児教育基本知識掲載サイト▼


幼児教育に関する情報をお届けします。

幼児の教育方針

教育方針はいろいろありますが、全ては、一人ひとりが自分の人生を幸福に生きていくために考えられたものです。有名なモンテッソーリ教育やシュタイナー教育も、子ども自身が自尊心を傷つけられることなく、人としての素晴らしい人生を幸せに生きていくためにはどうしたらいいのかを訴えているものだと思います。

幼児期は精神や身体の発達の基礎作りをする時期でもあり、この時期を逃すと身につきにくくなります。人格形成の基礎を確率するためにも、強制することなく、自らの意思を尊重し、習慣形成を促す必要がありそうです。

■ モンテッソーリ教育
イタリアの女医「マリア・モンテッソーリ」(1870〜1952)の教育方針で、子供が自分の意思でやりたいことを選び、それを子ども自身が十分に満足するまで続けることで、達成感や満足感を味わい、自立した人格を育てる事が出来る。モンテッソーリの独自の教具で年齢やその子の能力にあった知育遊びをし、文字や数字も学んでいきます。

■ シュタイナー教育
ドイツの学者ルドルフ「ルドルフ・シュタイナー」(1861〜1925)によって創始された教育方針で、7歳までは、数字や文字を教えたりせずに、遊びを中心に心と体を創る時期だとしています。「ルドルフ・シュタイナー」は人間としての基本感覚をバランスよく育てる事が何より大切だと強調しています。シュタイナー教育は、「自由への教育」 とも言われています。

幼児教育.com モバイルへ戻る▲

Copy right(C)
幼児教育.com モバイル
All Rights Reserved.