幼児教育.com モバイル
幼児教育.com モバイル

▼幼児教育基本知識掲載サイト▼


幼児教育に関する情報をお届けします。

早期教育を考える

早期教育に対する意見はいろいろで、学習面の早期教育は、詰め込み教育であり、「総合的な学習」に反するとし、早期教育に反対する意見もあります。
しかし、早期教育は、教育のやり方しだいでは、子どもにとってかけがえのない素晴らしいプレゼントにもなります。
またその反面、知らず知らずに子どもの自尊心を傷つけている場合もあります。シュタイナー教育などは、7歳までは、数字や文字を教えずに、遊びを中心に、心と体を創る時期だとし、人間としての基本感覚をバランスよく育てる事が何より大切だとしています。
しかし、人間としての基本感覚をバランスよく育てるためには、親が、しっかりとした教育方針を持って幼児に関わっていかないと、ただほったらかしていたのでは、人として立派に育つとは考えられません。 また、モンテッソーリ教育では、子供が自分の意思でやりたいことを選び、それを子ども自身が十分に満足するまで続けることで、達成感や満足感を味わい、自立した人格を育てる事が出来るとされます。
モンテッソーリ教育では、独自の教具でその子の年齢や能力にあった知育遊びをし、文字や数字も学んでいきます。早期教育は、幼児期に脳が急激に成長するので、脳が柔軟なうちに子どもの脳に刺激を与え、幼いうちに教育を開始すれば、脳の活性化を高め、優秀な人間に育つであろうと考えるのですが、親が子どもの自尊心を無視して、知らず知らずに強制的に詰め込み教育をしている場合もあるので注意が必要です。

幼児教育.com モバイルへ戻る▲

Copy right(C)
幼児教育.com モバイル
All Rights Reserved.