幼児教育.com モバイル
幼児教育.com モバイル

▼幼児教育基本知識掲載サイト▼


幼児教育に関する情報をお届けします。

発達障害

一般にIQの正常範囲は85以上とされていますが、IQが70を下回る場合は知的障害の疑いがあると言われます。
しかし必ずしもそうとは限らないということと、IQが低くても、母親と愛情いっぱいのコミュニケーションを取る事によって、IQは高くなるということも事実です。相対性理論で世界観を一変させた偉人、アルバート・アインシュタインも、4歳でしゃべらないのを母親は、発達が遅れているからだと心配したそうです。
ヘレンケラーの話はもっと有名ですね。見ることも・聞くことも・話すことも出来なかったヘレンケラーが、三重苦を乗り越えて大学を優秀な成績で卒業したばかりか、優れた福祉事業をなしとげ、不可能を可能にした話は誰も賀知っている事実です。

■ アスペルガー症候群・・・・・知的障害がみられない発達障害のことである。「知的障害がない自閉症」として扱われることも多いが、公的な文書においては、自閉症とは区分して取り扱われていることが多い

■ 知的障害・・・・・・・・・一般的には金銭管理・読み書き・計算など、日常生活や学校生活の上で頭脳を使う知的行動に支障があることを指す。
■ 自閉症・・・・・・・・・・社会性や他者とのコミュニケーション能力の発達が遅滞する発達障害の一種、先天性の脳機能障害、認知障害である。時に、早期幼児自閉症、小児自閉症、あるいはカナー自閉症と呼ばれる。
『ウィキペディア(Wikipedia)』 より

幼児教育.com モバイルへ戻る▲

Copy right(C)
幼児教育.com モバイル
All Rights Reserved.