幼児教育.com モバイル
幼児教育.com モバイル

▼幼児教育基本知識掲載サイト▼


幼児教育に関する情報をお届けします。

言語の遅れ

一般的なことばの発達には、個人差がありますが、1歳頃に意味のあることばがでて、2歳頃に2語文が話せると言われます。
ことばが遅れているのでは・・・と心配なら、先ずは、毎日、素晴らしいといわれる絵本を10冊は読んであげましょう。今までほとんど絵本を読んでいなかったのなら、いきなり10冊と言われると、それだけで先行き不安になってしまうかもしれません。
あなたの大切なお子様をのことばを育てようと思うなら、、最低でも5冊を毎日欠かさず読んであげて下さい。そして、童謡などの歌を一緒に聞きながら、一緒に歌いましょう。
お外遊びも大切です。体を動かして活動することで、話をしたいという欲求が起こります。何もせずにぼーっとテレビやビデオを見ていたのでは、脳が成長しないどころか、全てのことにやる気が出ません。やる気がない子はあまり話そうとしません。話すことの必要性を感じないからです。お外遊びもし、絵本の読み聞かせもし、お歌もしっかりと歌っているのに・・・・どうして?と思われるようでしたら、もう少し焦らずに様子をみてましょう。

ことばが遅れているのでは?と感じたら下記の項目をチェック!!

■ 毎日絵本を10冊以上読んであげているか(どうしても無理なら5冊以上)
■ 童謡のCDをかけて、一緒に歌うことがあるか
■ 毎日、体を動かす遊びを広い場所でしているか。(公園など広い場所がいい)
■ テレビやビデオを見せない工夫をしているか。
■ スナック菓子を食べすぎていないか。

幼児教育.com モバイルへ戻る▲

Copy right(C)
幼児教育.com モバイル
All Rights Reserved.